振袖 着物の基礎知識

成人式の振袖はレンタルと購入どっちがオススメ?それぞれのメリット・デメリットをご紹介!

投稿日:

普段着として、着物を着用することがほとんどなくなってきた近年ですが、成人式の日には多くの新成人の方が振袖を身にまといます。そもそも振袖は、華やかで若々しい柄の物が多いため、現在では前述の成人式や結婚式の花嫁衣装として利用されることが多く、「若い女性が晴れの日を祝うために着用するもの」だとイメージしている人が多いことでしょう。しかし、実際のところは、『振袖は未婚の女性にのみ許された装い』で、未婚であれば誰でも着用することができる着物です。
この振袖といわれる着物は、その名前の通り「振る事ができるほど長い袖」を持つことが大きな特徴となるもので、一生に一度の記念として成人式には振袖を着用したいと考えている人が多いことでしょう。しかし、冒頭でもご紹介したように、普段の生活の中で着物を着用することがほとんどなくなってしまった現在では、ただ1回の成人式のために「わざわざ購入するのも…」と考える人も多いようです。特に、最近の成人式はイベント化していますし、振袖の販売価格も1回しか着用しない物と考えるとかなり高額な金額に思えます。したがって、近年では着物レンタルサイトで気にいった振袖をレンタルし、成人式を迎えるという方が非常に増加しています。
それでは、成人式に着用する振袖は『購入する』と『レンタルする』ではどちらがいいのでしょうか?本稿では、成人式に最高の振袖を用意するため、購入とレンタル、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

振袖をレンタルする場合のメリット・デメリット

それではまず、振袖をレンタルする場合から見ていきましょう。近年では、着物専門のレンタルサイトがたくさんありますので、PC・スマホでいろいろ見比べできるのも大きなメリットです。

振袖レンタルのメリット

それでは振袖レンタルのメリットです。ここでいう『レンタル』とは、昔から街中にある貸衣装店ではなく、インターネット上で運営されているレンタル通販サイトの事です。最近では、着物だけでなく、さまざまな物がレンタルできる時代になっており、皆さんも一度は何らかのレンタルサービスを利用したことがあるのではないでしょうか?
成人式の振袖をレンタルで用意することのメリットは、以下のようなことが考えられます。

  • 安価で振袖が用意できる
    レンタルで振袖を用意する最大のメリットはやはり金銭面でしょう。振袖を購入する場合には、やはり多額のコストがかかってしまいますが、レンタルであれば安価で用意することができます。振袖レンタルであれば、安いものなら1万円台でも借りることができますし、100万円を超えるようなブランド振袖でも10万円程度で用意することができます。
  • お手入れが不要
    レンタルの場合、着用後そのまま返却OKのところが多い(クリーニング代が費用に含まれている場合も多い)ので楽です。自己所有であれば、着用後クリーニングの手配も必要ですし、長く良い状態を保つには、定期的なお手入れが必要になります。こういった手間が一切ないのも大きなメリットです。
  • 必要なものが全て揃っている
    振袖を着用する場合、着物があればOKという訳ではありません。振袖に合うカバン、草履など、細かなものを用意しようにも、何を用意すれば良いか分からない…という人が多いでしょう。レンタルショップであれば、こういった小物もすべてセットで用意してくれるお店が多いので安心です。
  • 選ぶときの手間が無い。見比べが楽
    レンタルサイトの場合、わざわざお店に足を運ぶ必要がないので、商品を選ぶときも楽です。さらに、いろいろな商品・お店を一度に確認できるため、様々な選択肢を簡単に見比べできるのも大きなメリットです。

振袖レンタルのデメリット

次に、振袖をレンタルで用意するときのデメリットです。多くのメリットがあるレンタルサービスですが、やはりいくつかのデメリットも存在します。

  • 1回しか着用できない
    これは当たり前ですが、レンタルの場合、特定の日を指定して借りるものですので、着用後は返却しなければいけません。そのため、成人式の時に着た振袖を卒業式にも使いたいと思ったら、再度レンタルする必要があります。当然、レンタルするたびにお金がかかります。
  • お気に入りのものを借りれない場合も
    レンタルの場合、どれだけ気に入った振袖を見つけても、誰かに借りられている場合は諦めなければいけません。購入する場合は、同じデザインのものが複数あり、自由に選べますが、成人式のように、全国の人が一斉に利用する場合、早めに予約しなければ、気に入るものが手に入らない…などというリスクがあります。

振袖を購入する場合のメリット・デメリット

次は、振袖を購入する場合です。成人式は一生に一度の記念日ですので、お子様のため、振袖を購入するという選択をする方は少なくないでしょう。それでは、レンタルすることに対して、購入することのメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょう?

振袖を購入するメリット

振袖は、普段の生活の中で着用するようなものではないため、決して安い買い物ではありません。しかし、せっかくの記念日だからと購入して用意する人も少なくありません。
お子様のため振袖を購入することには以下のようなメリットがあるでしょう。

  • 好きなデザインをこだわって選べる
    購入の場合、「即日持ち帰り」など、近々の納期でなければ基本的に好きなデザインをこだわって選んで仕立てることが可能です。したがって、レンタルと比較した場合、細部にまでこだわって振袖を選ぶことができるでしょう。
  • 複数回着る、子供に受け継ぐと得することもある
    レンタルの場合、複数回、振袖を借りるとそのたびにお金がかかり、それなりの金額になります。したがって、成人式以外にも卒業式に着用する、将来自分の子供に渡して着てもらうなどとすればお得になることがあります。かくいう筆者も母の振袖を最近もらいました。

振袖を購入するデメリット

最後に、振袖を購入することのデメリットです。

  • お金がかかる
    購入するときの最大のデメリットは、単純にお金がかかるということです。振袖は、仕立て済みで安いものでも10万円近くします。したがって、最も安いレンタル振袖(1万円程度)と比較すると、かなりコストがかかってしまいます。さらに、お子様用に「仕立てる」となると、どんどん金額は上がります。
  • お手入れをしなければならない
    もう一つのデメリットとしては、お手入れが必要なので大変ということです。レンタルは着たものをそのまま返却可能ですが、購入した場合はそうもいきません。クリーニングに出したり、ひどい汚れの場合は着物専門のクリーニングに出したりと手間とお金がかかります。

まとめ

今回は、成人式の振袖は『レンタル』と『購入』どっちがオススメなのかという視点で、それぞれのメリット・デメリットをご紹介してまいりました。
当然のことですが、レンタルと購入では、それぞれ異なるメリットとデメリットがあります。例えば、どうせ1度しか着用しない振袖だからできるだけコストを抑えたい…、良いものを安く用意したいと考えている方であれば、断然、レンタル着物ショップで用意する方が、お得に満足のいく振袖を用意できると思います。購入の場合は、一生ものと考えて、自分のお子様などに代々受け継いでいってほしいなどと考える方にはオススメかもしれませんね。
成人式の振袖を用意する場合、使用頻度や着物のお手入れ面をよく考えて購入かレンタルかを選ぶのが良いのではないでしょうか?ちなみに、振袖をレンタルで用意する場合、かなり早い段階から振袖をおさえて置く人が多いので、ギリギリになって考えるのはあまりオススメできませんよ!「年末ぐらいに予約すれば良いや!」と考えていると、その時にはデザインの良いものが全て予約が入っていることなど少なくないのです!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
貸衣装ぽえむ スタッフ

貸衣装ぽえむ スタッフ

一人でも多くの方に、着物の楽しさを共有してほしい。その一心で様々な着物に関する豆知識をお届けいたします!

よんでほしい記事

1

レンタルと購入どっちがお得? 着物を初めて着ようと思ったとき、全て一から揃えるなら、着物を買うか、 レンタルするか。悩んでしまいますよね。 どちらがお得かは正直、分かりません。 今後、着る回数にもよる ...

2

最近は、ペットに服を着せて散歩をしている人を見かけることが非常に多くなってきました。 一昔前のことを考えてみると、「犬や猫のようなペットは毛皮を常に着用しているのだから服なんていらない!」という考えの ...

3

今年も6月に入り、梅雨を過ぎると本格的な夏がやってきます。夏場の普段着と言えば、Tシャツにジーンズなど、気候に合わせて薄着になっていくのが一般的です。しかし、結婚式など、たくさんのゲストを迎えて行う式 ...

-振袖, 着物の基礎知識
-, , ,

Copyright© 貸衣裳ぽえむ 公式ブログ|留袖・振袖・訪問着など着物の基礎知識 , 2020 All Rights Reserved.